「 쾌활 」 「 아이 」 「 희 일 」의 실천을 통해 활기찬 직장 만들기를 추진 한다.
깊게 가족을 사랑 하 고 篤く 조상 존경, 반대로 거부감에 ゆるぎない 가정을 구축 하는 사람을 기른 다.

회원 기업 소개


会員企業一覧


委員会紹介


研修委員会

・研修委員会は、県および単会における“研修”に関する諸行事を、積極的にサポートし、その効果を最大限に高める。
・“経営者の集い” “倫理経営基礎講座”などの開催意義や内容の理解促進を図り、出席対象者の出席率を高めるための施策を研究し推進する。
・富士高原研究所(経営者セミナー)参加者の募集および行事のお世話役となる。
・委員の研修と単会内での立場・役割を明確にする。
・単会内では、年間を通して休眠会員や未会員(委員の友人・知人)を、委員会の親睦行事などに誘い、研修委員会としての仲間づくりと活性化を図る。

朝礼委員会

・『職場の教養』を活用した“活力朝礼”の意義を充分理解し、朝礼実施企業の増大を図るとともに“会員サービス”の徹底を図る。
・「朝礼基本マスター研修」により朝礼インストラクターの養成と活用を図る。
・県が企画する「朝礼コンテスト」(予選・本選)には中心的な役割を担い、各単会からの参加企業の増大と、コンテスト見学者の増大を図る。
・「活力朝礼」モデル企業の育成と「終礼」実施の促進を図る。
・単会内では、年間を通して休眠会員や未会員(委員の友人・知人)を、委員会の親睦行事などに誘い、朝礼委員会としての仲間づくりと活性化を図る。

広報委員会

・広報委員会は、県行事の広報と単会行事の広報を支援する。
・県広報紙“さんSUN”及び“りんゆう”の取材対象者をノミネートし、統括委員長のもとに蓄積する。(ノミネートには単会会長の了承を得る)
・各行事における計画的な取材・情報の蓄積を図る。(写真撮影など)
・単会行事での録音・録画・撮影などの禁止事項を周知徹底させる。
・研究所発行の「倫研新報」への情報提供と県HPの活用を図る。
・単会内では、年間を通して休眠会員や未会員(委員の友人・知人)を、委員会の親睦行事などに誘い、広報委員会としての仲間づくりと活性化を図る。

女性委員会

・女性会員がその“らしさ”を発揮し“輝き”のある働きができるよう、学びあい、高めあい、仲間づくりを楽しむ委員会とする。
・倫理法人会における“女性らしさ”研究セミナーの企画・実施。(開催には、時間や移動距離などの注意が必要)
・女性の力を普及に取り込むには・・・の研究などを推進する。
・単会内では、年間を通して休眠会員や未会員(委員の友人・知人)を、委員会の親睦行事などに誘い、女性委員会としての仲間づくりと活性化を図る。

青年委員会

・各単会のムードメーカーとして、若いパワーを発揮させた青年層の取り込みと、倫理を学ぶ若い仲間づくりを楽しむ委員会です。
・若手経営者・後継者と若手独身社員の区別対応研究などを推進する。
・倫友予備軍としての取り込み方の研究と開発。
・若手独身社員を対象にした「セミナー」を年1回開催する(地区別も可)。
・単会内では、年間を通して休眠会員や未会員(委員の友人・知人)を、委員会の親睦行事などに誘い、青年委員会としての仲間づくりと活性化を図る。

普及拡大委員会

・単会の活性化を最優先に組織基盤の強化を図り「堅実な普及活動による堅実な成果」をさらに推し進める。
・「人づくり」に重点をおき、内外拡充の基本理念のもとアジアを視野に入れた活動を展開する。
・設立後100社を割っている単会の資格復帰を最優先に取り組む。
・新拠点開発、分封、資格復帰、会員定着率の向上、既成単会の拡大充実が予定通り進行するよう情報交換と具体的な対策を企画立案する。
・単会内では、年間を通して休眠会員や未会員(委員の友人・知人)を、委員会の親睦行事などに誘い、普及拡大委員会としての仲間づくりと活性化を図る。

문의는 이쪽
충청남도 윤리학 법인 사무국
045-315-2433